冬期休業のお知らせ

下記期間を冬期休業とさせていただきます。

休業期間:12月27日(日)~1月4日(月)

休業期間中は電話が繋がらない状態になります。あらかじめご了承ください。
1月5日(月)10:00より電話受付を再開いたします。

皆さんと元気に元気にお会いできることを楽しみにしております。
どうぞ、事故やケガには十分ご注意して過ごしてくださいね。

努力と結果は比例しないのか

匠個別予備校の井上です!

いよいよ年末が目前に迫り、受験生は最終調整に入りました。1・2年生も次年度に向けて復習をしっかりしています。特に匠個別予備校の2年生たちは受験生としての自覚が出始め、志望校の決定や年間カリキュラムの相談など着々と受験勉強を進めています。冬場はどの学年にとっても大切な時期。良い1年の締めくくりになるよう頑張っていきましょう。

さて、今回は「努力と結果の関係性」というテーマでお話ししたいと思います。皆さんは、この言葉を知っているでしょうか。

努力して結果が出ると自信になる。

努力せず結果が出ると傲(おご)りになる。

努力せず結果も出ないと後悔が残る。

努力して結果が出ないとしても経験が残る。

あるお笑い芸人の方が本番を控え不安に思っていたところ、お母さまから送られた言葉だそうです。みなさんは、この言葉を聞いてどのように感じるでしょうか。私は自分自身のこれまでの経験や、これまで関わってきた多くの人たちを振り返ってみると、率直に「本当にその通りだな」と感じます。「努力をして結果が出ると自信になる」というのは皆が納得できると思います。結果になると自分自身も、また応援してくれた人も嬉しい気持ちになりますね。また、「努力せず結果も出ないと後悔が残る」ことも、多少なりとも経験したことのある人が多いのではないでしょうか。本番を終えてから、もっと準備しておけばよかった、もっと早くから本気で取り組めばよかった、もっと……と後悔をしたことがあると思います。あるいは、努力し尽くしてもいないのに「自分には向いていない」とか「自分には能力がない」と結論づけて、自分で限界を決め諦めてしまうことになりかねません。どちらにしても、次もチャレンジしよう!頑張ろう!という前向き気持ちにはなりませんよね。

また、私が一番ハッとさせられたのは「努力せず結果が出ると傲りになる」というフレーズです。これも真実だと思います。簡単に言うと、実力が伴わずに結果だけ出てしまって調子に乗る、という状態ですね。たしかに、たまたま結果が出たその時は気分も良いし、問題ないのかも知れません。しかし、例えば今回の定期テストでたまたま結果がでたとしても、次も同じように何となく上手いこと結果が出るでしょうか。そして、そんなことがこれからも永遠に続くでしょうか。高校受験や大学受験も同じだと思います。人生の方向性を決める大きな試験であることは間違いないですが、しかし、これから長く続いていく人生の一部です。これから大人になり、社会人になり、40年50年と続く人生の一部です。

残念ながら努力と結果が比例しないことはあります。しかし、努力は絶対に無駄にはなりません。なぜなら「努力して結果が出ないとしても経験が残る」からです。その経験を糧に、またチャレンジをして、その連続の先に成功が待っています。エジソンもビルゲイツも松下幸之助も本田宗一郎も、世の偉人は皆な「成功するまで失敗の経験を繰り返した」人達です。すなわち、努力と比例するのは経験なのです。その経験を手に入れるためには、いかに小さなことでも本気で努力をすることが必要です。私は凡人の一人ですから、この言葉を肝に銘じてこれからも傲らず努力をしようと思います。もし、皆さんの中でこれを読んで「なるほど」と思えた人がいたら、ぜひ日々の取り組みに生かしてみてくださいね。