それは当たり前?

今回は、昨年激動の1年のなかで感じたことをお話ししたいなと思います。

それは「当たり前ってなんだろう?」ということです。新型コロナウイルスの感染拡大の中で、これまで当たり前だったことの多くが、当たり前にできなかったと思います。みなさんも少し思い出してみてください。

学校では、授業がオンラインで行われたり、普通に始業式を迎えられず友達と会えない期間も多かったと思います。また多くの大会などがなくなり、夏の風物詩である甲子園やインターハイもありませんでした。生徒さんの中にも、これまでの練習の成果を発揮する場を失い、やりきれない思いをした生徒もいました。ご家庭でもたくさんの変化があったのではないでしょうか。その他にも、挙げたらきりがないほど変化があり、不便を感じたり不安に思うことがあったと思います。

でも、ここであえて視点を変えてみましょう。こんな状況のなかでも変わらず続けられていることは何かありませんか?

環境の変化があったとはいえ、学校に通っていると思います。部活や習い事を続けられたり、そして今、この文章を読んでいるということは、塾にも通えているはずです。テレビをつければ、医療従事者の方たちが身を危険に晒しながら最前線で働いてくださっているとか、お店や企業の経営が難しくなって明日からどうしようとか、そんなニュースを連日報道している状況のなかで、皆さんの生活はどうでしょうか。今、自分に与えられている状況が当たり前ではない、文字通り「有り難い」ことなんだと気づくのではないでしょうか。保護者の方がみなさんに期待をして、今ある環境を守ってくださっていることと思います。これは決して当たり前のことではありません。

そして、これが当たり前のことではないと気づけたのなら、するべきことは「行動」です。その期待に応えれるよう、一生懸命努力することです。「希望を運ぶ人」の著者アンディ・アンドルーズの言葉にあります。

行動を伴わない決意は、

期待してくれている人に対する裏切りでしかない。

少し厳しいかも知れませんが、素晴らしい言葉だと思います。それぞれ、みなさん志望校や目標があると思います。努力をし続けることは苦しいことが多いですが、もしそれを達成できたら、家族や応援してくれる人が笑顔になって喜んでくれると思いませんか?それを見て、自分自身も誇らしく嬉しく感じると思います。当たり前のことが当たり前にできない状況のなかで、自分が努力できる環境を与えてもらっていることに感謝し努力することができる、そういう人間でありたいと思います。

「どう在りたいか」を考えよう!

これまで様々な折に目標設定の大切さをお伝えしてまいりましたが、実は目標というのは3つにわけることができるのです。1つ目は結果目標です。これは自分が手に入れたいもの、成し遂げたいものが何なのかを決めることです。2つ目は行動目標です。これは、結果目標を達成するために日々どのような行動をしていくかを考えることです。そして、最後3つ目が状態目標です。これは、日々をどういう状態で過ごしたいのかを考えることです。例えば同じ勉強でも、嫌だなと思いながらやるのと、自分なりの楽しさを見つけて前向きに取り組むのとではもたらされる結果は大きく変わりますよね。

今回のテーマ「どう在りたいか」というのは状態目標を考えることとほぼ同じだとおもってください。僕が今日お伝えしたいのは、「どうなりたいか(=結果目標)」を考えることは大事なのですが、それと同じくらい「どう在りたいか(=状態目標)」を考えることも大事なのだということです。

多くの保護者の方の想いは、お子様が将来大人になったときに物心両面で幸せになってほしい、そのために早いうちから目標を持って目の前の勉強を頑張ってもらいたいということなのだと思っています。しかし、今の子どもたち本人の様子を見ていると、まだ将来やりたいことがはっきり決まっていないし、このままで大丈夫なのかなと思われている方が多いと思います。

確かに早いうちから「これを目指すんだ!」というものがあればそれに越したことはないです。ただ、まだ社会のこともほとんど知らない中高生くらいの年齢で、本気で打ち込める将来の目標がポンっと決まるのは実際難しいのではないかと思っています。では、何を目指して日々を過ごすべきなのかという一つの答えが、今回のテーマ「どう在りたいか」ということだと考えています。自分はどんな生き方をしたいのか、自分の中にどんな軸を持つのか、これは年齢に関係なく大事なことだとで、中学生くらいの年齢になれば十分ちゃんと考えられることだと僕は思っています。

入塾時にお約束してもらっている誓約書の内容は、塾の先生ではなく人生の先輩として子どもたちに「こういうことを大事にする生き方をしてほしい」という想いを込めたメッセージでもあります。僕たちの塾ではこのような、人としてどう生きていくかを考える勉強を「本学」と呼んでいます。一方、例えば数学とか英語など知識や技術の勉強は「末学」と呼んでいます。誤解を招かないようにお伝えしますが、決して本学の方が大事で末学は大事ではないということではありません。どちらも大事です。「本学」は木でいうところの幹であり、「末学」はそこから伸びる枝葉だと思ってください。二つが合わさることで立派な木になるわけです。しかし、幹が貧弱なのに枝葉だけ立派に育つということはないのと同じで、身に付けた知識や技術を使って社会で活躍するためには、「本学」的な学びも同時にしていくことが大事なのです。

話は戻りますが、仮に今の時点で「どうなりたいのか」という部分がまだ決まっていなくても、例えば周りの人に感謝の気持ちを持つ生き方をしようとか、目の前のことを全力で取り組むぞと決めて日々を過ごそうとかそういう自分の軸が決まれば、この先心からやりたいことが見つかって、自分はこれを目指そうというものが見えたときに、自分で未来を切り拓ける、強い生き方ができるはずです。

最後に、生徒のみなさんの中にはもしかしたら、自分の夢はまだよく見えていないけど、憧れの人ならいるぞっていう人がいるかもしれませんね。もしそうであればその人の生き方を真似してみるのはどうでしょう。本当に格好いい人って能力が高いとかルックスが良いとかそれだけじゃなくて、その生き方が周りの人を惹きつけていることが結構あるんですよね。みなさんはどんな生き方に憧れますか?