共通テスト、英語が大きく変化

大学入試センターは6月7日、2021年1月16・17日に初めて実施される大学入学共通テストに関する情報を公表しました。

国語と数学Ⅰまたは数学ⅠAでは、記述式の小問が各3題出題されます。

また、もっとも大きく変化するのは英語で、リーディングとリスニング各100点の計200点の試験になります。従来のセンター試験では、筆記200点とリスニング50点の計250点でしたので、明らかにリーディングに対する比重が重くなります。また、リーディングの方も、従来の筆記試験で出題されていた発音・アクセント、語句整序の問題は取りやめることが決まっています。

共通テストの配点や問題作成方針がどんどん明らかになってきています。
現2年生の生徒さんは必ず知っておくべき情報ですので要チェックです!

計画のない目標は、ただの願い事にすぎない

いよいよ、勝負の夏ですね!この夏、どこまで自分と向き合えるかで志望校の合格可能性が大きく変わってきます。ぜひ皆さんに、「これまでの自分史上、最高に頑張った夏休みだった!」と言ってもらえるよう、講師一同しっかりサポートしますので、一緒に長い夏を乗り越えましょう‼

さて、匠個別予備校では、自習室の利用時間を毎月集計して、月の初めに発表しています。自習室での学習時間しか入っていないので、もちろん学校や家庭での学習時間は入っていません。ランキング上位は、ついに200時間に到達しました!本当に素晴らしいですね。

このように、学習時間にフォーカスすると、「学習時間を延ばしましょう!」とか「200時間達成しましょう!」とか、そういう声がけばかりしているように思われがちですが、実はそういう訳ではありません。むしろ学習時間の長い生徒ほど「学習時間を増やしましょう」という話をしません。本人たちが必要だと思うことを確実に終わらせていこうとすると、必然的に学習時間が伸びてしまったというのが実際のところです。というのも、こういう生徒さんには、「どういう力を伸ばしたいか」と「そのために何をしたら良いか」という質問をよく投げかけます。自分で考え出せたら失敗を恐れずにそれをやってみるように促しますし、もし考え付かなければ具体的な方法やヒントを伝えるようにしています。

「星の王子さま」の作者サン=テグジュペリは「計画のない目標は、ただの願い事にすぎない」という言葉を残していますが、本当にその通りだと思います。〇〇大学に受かりたい、偏差値を5上げたい、数学が出来るようになりたい、と思っても、それを達成するための行動を自分が起こしていないのなら、サンタさんに貰えそうもないプレゼントをお願いするのと一緒です。もし今叶えたいことがあるならば、それを達成するための行動を起こさなければいけません。予備校生は、毎週の面談の中で自分と向き合いながら、少しずつ目標を達成する力を磨いています。また、匠個別予備校ではそういう力を育成する指導を意識して、日々の面談や授業にあたっています。この長い夏を一緒に乗り越えていきましょう!