プロ野球の名将野村克也さんの言葉を紹介します!

今回は去る2月11日にお亡くなりになった、野村克也さんが遺した言葉を紹介したいと思います。

野村さんは元プロ野球選手であり、プロ野球チームでのコーチ・監督経験も豊富で、また晩年は野球解説者としても多くのメディアに引っ張りだこの存在でした。

野村さんはプロ野球選手として多大な活躍をし、多くの記録を残しました。また、監督としてもチームを優勝に導いたり、多くの名選手を育て上げてきたりと数多の功績を残しております。特に、若いころのように成績を残せず所属チームから戦力外通告を受けてしまったベテラン選手たちを自分のチームにスカウトして、見事第一線で活躍する選手に復活させた選手育成の手腕から「野村再生工場」とも呼ばれました。

 

私自身はプロ野球の熱狂的なファンというわけではありませんが、野村さんは私にとってリーダーのお手本の一人になっています。それは、彼の次の言葉に深く感銘を受けたからです。

 

「監督の仕事で大事なのは人間教育、社会教育」

 

野村さんは監督時代、野球理論の指導と共に選手一人一人に対しての人間教育・メンタルコーチングも欠かしませんでした。その指導方針が「野村再生工場」の核心だったのかもしれません。

前置きが長くなりましたが、今回はそんな野村さんの数々の言葉の中から、私にとっても心に突き刺さった言葉であり、またこれから様々な進路をたどっていく10代のみなさんに伝えたい言葉を紹介したいと思います。次のような言葉です。

 

「今の選手はあまり努力をしない。彼らは憧れだったプロ選手になったことで満足してしまっているんです。本当はようやく出発点に立ったに過ぎないというのに、そこがゴールと勘違いしてる。だから、チームから与えられたメニューしかやらない。それで一流の結果なんて出せるはずがないじゃないですか。」

 

プロ野球人生をテスト生からスタートし、人一倍の努力で一流のプロ選手まで昇りつめた野村さんの言葉だからこそ重みを感じますね。

 

“プロ選手”という部分を例えば“高校生”とか“大学生”という言葉に変えてみてください。

前述の言葉は私も自分事だと深く感じた言葉です。今まで歩んできた道を振り返ってみても、確かにスタート地点をゴールと勘違いして慢心してしまっていた自分がいたことがあるなと思いました。特に受験を終えてこの春進学するみなさん、そして受験生としてこの1年過ごしていくみなさん、今はまだ見えない人も多いかもしれませんがみなさんが本当に目指すところはまだまだ先にあります。そして、努力を続けることで必ず到達できるでしょう。そのためにも、進学した先がゴールじゃない、やっと出発点に立つんだという気持ちを忘れてはならないということを胸に刻んでおいてほしいと思います。

大学受験コラム増大号 ~決まる大学入学共通テスト!~

ついに大学入学共通テストの出題方法等が決まりました。英語資格利用や記述問題の出題にあたって二転三転してきましたが、今回の修正で落ち着くだろうと予想されています。出題は全てマークシート式になり、記述問題は削除されることになりました。また、英語も資格利用が無くなりましたね。

 

ここまでの情報は、みなさんもよくご存じかと思います。

「じゃあセンターと大して変わらないんでは?」

「名前が変わってだけで中身は全然変わらないじゃん!」

と思う方も多いでしょう。では、実際のところどうなんでしょうか?

 

今回の決定のポイントは以下の通りです。

 

1.英語は筆記・リスニング各100点になり、聞き取りの負担増!さらに1回しか読み上げられない問題も出題される!

2.数学ⅠAは出題時間70分になり、読み取る文章量が大幅に増加!

3.現代文では、実生活に即した文章や会話文が出題され、傾向が大きく変化!

 

細かい修正や変更は他にもありますが、この3点が押さえておくべきところです。

実は、2月初旬に共通テスト模試が実施され、匠個別予備校の生徒も全員受験しました。受験を終えて、全員が口をそろえて「英語と数学が時間以内に全く解き終わらない」「文章量が多いとは知っていたけど、予想以上に多すぎた」「リスニングが、難しい問題はさっぱり聞き取れない(長すぎて頭がボーっとしてくるらしい)」と言っていました。

 

匠個別予備校では、これまでも共通テストの変更点やポイントなどは繰り返し伝えてきていましたが、それでも実際に解いてみると衝撃的だったようです。

「このままではヤバい!!」と痛感したらしく、それぞれに受験勉強を猛然とやり始めました。これまでと同じような対策をしていたら望む結果が出せないんだな、と生徒たちも悟ってくれたようで、ある意味良いきっかけになりました。

 

実際のところ、ただ「名前が変わった」どころの話ではない、と匠個別予備校講師一同も感じています。

出題方法が変わらなかっただけで、出題内容は確実に変わっています。「お兄ちゃんやお姉ちゃんの受験の時は○○だった!」というのが通用しなくなっている場合もありますので、しっかりと正しい情報を得て学習に取り組んでいきましょう。

この時期の過ごし方が次学年の差になる!

1年で最も寒いとされるこの時期、体調を崩さないように自己管理をしっかりして過ごしましょう。

さて、1月〜3月は受験生にとっての入試シーズンであるだけではなく、1、2年生にとっても学年末テストが実施される時期になります。1学期、2学期と大きく異なるのは、どうしても「1年が終わる」という感覚になってしまい、次の学期に続くんだという意識が薄れてしまうことではないでしょうか。

4月になれば自分を取り巻く環境も変わりますので、心機一転ということでモチベーションが湧いてくる人もいるでしょう。

しかし、4月に入ってから「さあ、頑張ろう!」では遅いのです。まだ学年が上がってないから今はこのままでいいやという考えを持っている人はライバルから後れを取った状態で新学年をスタートすることになってしまうのです。

そこで今回みなさんにお伝えしたいのは、今の時期だからこそ次学年の目標をしっかり決めましょうということです。例えば、1学期中間テストでどのくらいの点数を目指すのかということを具体的に決めてしまうというのはいかがでしょうか。1学期中間テストは1年間の定期テストの中でも点数を取りやすい(=目標を達成しやすい)テストだといえます。なぜならば、1学期に学習する内容はどの科目も比較的簡単で、テスト範囲もさほど広くないからです。

 

学年の切り替わりの時期は人によって勉強に対する意識の差が大きく異なります。ギアが上がっている人とそうでない人との間に明らかな差があり、そして多くの人がまだまだギアを上げきれていない時期なのです。つまり、そんな中で勉強への意識をより高く持ち、早い段階から目標達成への行動を始めた人が結果的に大きく飛躍するのです。

逆に言えば1学期で出遅れてしまうと2学期3学期にも大きな影響を与えてしまいます。一度取ってしまった後れを取り戻すには相当な努力と時間が必要になるからです。

大きなテストが終わる時期だからこそ、今自分が勉強を頑張っている目的を再確認してみてください。まだ、先のことまでは分からないという人も一度考えてみてください。そうすれば、今自分が過ごしている時期がどれほど重要で価値を秘めたものなのか分かるはずです。目先の楽しみを追いかけるためばかりに時間を消費するのではなく、数ヶ月後、数年後の自分のために時間を投資するという意識で日々過ごしていきましょう!

来年度に向けて

みなさん、こんにちは!匠個別予備校の井上です。受験生はいよいよ一般入試を迎えました。

受験生自身はもちろんですが、講師一同臨戦態勢です!自習室も普段以上に緊張感があり、毎日のように受験生を送り出しています。心身ともに落ち着いて、遺憾なく実力を発揮してほしいです。応援しています!体調を崩さないように十分気を付けてくださいね。

さて、受験生を送り出しているということは、高校2年生たちが受験生になる時期がきた、ということでもあります。自習室で頑張る高3生の姿を見て何を感じているでしょうか。予備校では1月を迎えると次学年の扱いになります。高2生はすでに受験生として授業や面談指導を行っています。というのも、センター試験は1月にありますので、実際には1月になった時点で受験の1年前になります。(ご存知の通り、共通テストに変わりますが実施時期は変わりません。)

そこで、匠個別予備校ではゼミナール新高3生に向けて予備校の説明会を行いました。

現在の大学受験事情について大久保よりお話すると、想像していたよりシビアな大学受験だと言うことに驚いた様子でした。また、予備校生に向けては共通テストの説明もかねて、今後の大学受験についての特別講座を行いました。また、学習のことだけにとどまらず、大学受験制度の持つ意味、今後のキャリアへの展望などもお話しました。

 

なぜ、今この時代に大きな受験制度の変更を迫られているのか、ということを社会構造・経済・雇用などの観点と絡めて話しました。大学受験がその後4年を左右するだけのものではなく、その先の将来に大きく関わりのあるものであるということを少し理解してもらえたようです。そういった本質的に大切なことを高校1年生や2年生の段階から知ってもらうことはとても大切だと思いますので、今回このような機会を持てて良かったと感じています。

これから、自分の可能性を大いに広げていけるよう、大学のこと、将来のことを見据えて、今やるべきことを淡々と続けていきましょう。

大学センター試験2020結果速報!

2020年、最後のセンター試験の結果がでました!喜びの結果を一部お届けします!

 

英語(筆記)・・・188点!!

英語(筆記)・・・185点!!

英語(筆記)・・・178点!!

英語(リスニング)・・・48点!!

国語・・・174点!!

現代文・・・97点!!

日本史B・・・89点!!

世界史B・・・98点!!

地理B・・・91点!!

理科基礎(化基、生基)・・・82点!!

 

まだまだたくさん高得点や点数大UPを達成しています!!
受験生のみなさん、よくがんばりました!!

「大変」な大学受験

皆さま、あけましておめでとうございます。匠個別予備校の井上です!本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、いよいよセンター試験を迎えます。大学受験生にとっては、まさに正念場です。今回は、私からの受験生へのエールも込めて、大学受験の意味を考えたいと思います。

ここまで頑張ってきた受験生のみなさん、受験は大変でしたか?

きっと、ものすごく大変だったことでしょう。毎日のように自習室に通い、遅くまで勉強し、そして時には自分の成績について快くない結果にも直面してきたと思います。勉強してきたことが本当に身に付いているのか自分自身でも不安に感じながら、また周囲のいろんなプレッシャーも感じてここまで必死に耐えてきたと思います。

もし、今あなたが「苦しいな、大変だな」と感じているなら、それは、あなたが少しずつ変化し成長を遂げてている証拠です。「大きく変わる」と書いて「大変」と読みます。大変だなと感じれば感じるほど、そのぶん大きく成長しているはずです。そして、そう思うほど一生懸命に努力をしている自分自身を精一杯認めて褒めてあげてください。

結果はもちろん大切です。でも、それはあくまで結果です。

受験生だった自分を思い返すと、なつかしく思い出されるのは合格した瞬間ではありません。「危ないから早く帰りなさい」と言われているのに自習室にいつまでも居てめちゃくちゃ叱られたこととか、使い込みすぎて壊れた単語帳の背表紙をクリップで止めて使ってたこととか、世界史が覚えられなさ過ぎて半泣きで毎日毎日やっていたこととか、そんな情けないことばかりです。

なんにもカッコいいエピソードはありません。しかし、あの経験があるから今があります。あのとき、情けないほど必死で耐え抜いた経験が、大人になった今も自信に繋がっています。大変な受験を経て、自分自身を変えて自信を手に入れました。「あのとき、あれだけ頑張れたから、今回もきっと頑張れる。自分ならきっとできる」これこそが「自信」ではないでしょうか。

挑み続ける先にあるのは、成功か成長かどちらかです。どんな結果になっても失敗ではありません。ここまで本気で取り組んだなら、間違いなく成長が手に入ります。そして、あなたにとって受験がそういう意味あるものになるよう、先生たちも最後まで必死になって応援します。一緒に頑張りましょう!

冬期休業のお知らせ

下記期間を冬期休業とさせていただきます。

休業期間:12月28日(土)~1月3日(金)

休業期間中は電話が繋がらない状態になります。あらかじめご了承ください。
1月4日(土)14:00より電話受付を再開いたします。

なお、自習室は平常通りご利用いただけます。
塾生のみなさんは利用の注意事項をよく確認し、自習室を活用してください。

大学受験コラム~併願校で合否が変わる!?大学受験~

初めに断っておきますが、第1志望に受かり易くなる!なんて魔法の併願校があるわけではありません(笑)

しかし、併願校は絶対慎重に選んでください。
安易に、日程が被っていないからといって全部受けるのは危険です。
まずは併願校を受験する目的をはっきりさせましょう。

浪人を絶対避けるため、受験したい大学が複数ある、試験慣れしたい…
目的によって受験する大学は必然的に変わってきます。

その際も、偏差値・センター得点率・倍率など、様々なデータを基に判断しなければいけません。
出願作業も考えると出願校決定には少なくとも1.5カ月程度はかかります。私立一般前期はそろそろ出願の手続きが始まります。まだ決まりきっていないという人はこの週末に必ず決めておきましょう!

大学受験情報〜推薦入試って大事なの?〜

今現在、推薦入試で入学する学生の割合をご存知でしょうか。
文部科学省「平成27年度国公私立大学入学者選抜実施状況」によると、国公立大学でも18.1%、私立大学では、すべての推薦方式を含めると50%ほどにのぼります。予想より多いな、と感じた人も多いのではないのでしょうか。

このデータは平成27年度のものなので、今はさらに増えていると予想されます。AO入試、指定校推薦、公募制推薦、その他…と複雑化し多様になっている推薦方式。来年度からはいよいよ大学入試が変わるため、万全を期してチャンスを増やすためにも、今から推薦入試にもアンテナを張る必要がありそうです。

推薦入試では評定平均の点数が出願要件になっているものがほとんどです。
匠個別予備校では高1生から受験を見据えて入塾する生徒も増えています!

まだまだ先だと考えず、受験に向けてコツコツと準備をしていきましょう!

それでもやっぱり基礎・基本が大事!

皆さんこんにちは!予備校の井上です!
いよいよ受験が間近に迫り、プレッシャーや不安を感じることと思います。また、大学受験となると、過去問演習に取り組んだりセンターの予想問をやったりする時期に入りますが、これまでとは格段に難しくなった問題に苦戦し伸び悩みを感じる時期でもあります。しかし、この時期だからこそ「それでもやっぱり基礎・基本が一番大事」ということを、今回お伝えしようと思います。

昨今、海外で活躍する日本人スポーツ選手が多くなったように感じます。バスケの八村塁選手や、テニスの錦織圭選手、陸上のサニブラウン選手など。彼らは渡米してからメキメキと実力をつけ、今では世界トップレベルで戦う選手までになりました。このような例を見ていると「やはりアメリカで、日本では出来ないような特別なテクニックなどを学び実力を上げたんだろうな~」とか「やっぱりアメリカの環境や特別なコーチが就くと違うんだな~」と思うのではないでしょうか。私も、ニュースを見ながら勝手にそう思っていました。しかし、実際はそうでは無かったようです。

サニブラウン選手は、高校卒業後、日本では得られない環境やスキルを求めてアメリカに渡りました。自分が知らないことを教えてもらうことで大きく成長できると思っていたようです。しかし、アメリカで徹底して教えられたのは「基礎を固めること」でした。錦織圭選手も同じだったようです。渡米し、マイケルチャン氏がコーチに就任後、何をするにも基礎練習からだったそうで、フォームなども細部に至るまで改善され徹底反復を行ったと言われています。

スポーツでも、勉強でも、ビジネスでも多くの人は、なにか問題にぶち当たったとき、「やり方が間違っている」「環境が合わない」と思いがちです。ともすると、「自分には能力が無い」なんて思う人もいるかも知れません。しかし、多く場合これは“間違い”です。世界で活躍する人でさえ、伸び悩みやスランプを経験します。それを乗り越えていくためには何が大切だと思いますか?上の例を見る限り、どんな凄い選手でも「基礎・基本」を徹底することが、結局一番大切だと思います。目の前の結果を他人と比較して闇雲に不安がるよりも、今自分がやるべき基礎基本に集中して、淡々とこなしていける人が、最後の最後に大きく花開くことが出来るのではないでしょうか。あなたにとっての身につけるべき基礎基本はなんでしょうか。少し考えてみてくださいね。