努力が報われるためには?

みなさん、こんにちは!匠個別予備校の井上です。
学年が上がって少し経ち、少しずつ受験に対しての意識が上がってきたように思います。例えば、授業で質問する回数や、自習室での勉強時間に変化がみられるようになりました。自習室で勉強時間は、120時間/月くらいの生徒が増えてきました。ちなみに先月、一番長く頑張った生徒は、自習室での勉強時間だけで159.4時間頑張りました。少しずつ、長い時間勉強することにも慣れ、ようやく受験生らしくなってきたなと思います。今回は、日々努力する皆さんに、成長を加速させるコツを一つお伝えしようと思います。

「努力は報われる」とよく言われますが、これは半分正解で半分不正解です。「今でしょ」で有名な林修先生はこう仰っています。「努力は裏切らないって言葉は不正確だ。正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は裏切らない」あるいは、野球選手のダルビッシュ有選手は「練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ。」と言っています。共通点に気づくでしょうか。二人とも、努力はただ何も考えずがむしゃらにやっても成長には必ずしもつながらない、ということを言っています。つまり成長につながる「正しい努力」と、成長に直結しない「間違った努力」がある、ということなのです。今、皆さんが長い時間かけて努力していることは「正しい努力」でしょうか。どうすれば、自分の努力が正しいと言えるようになるでしょうか。

結論からいうと、努力するときに大切なのは、振り返りをすることです。フィードバックとも言います。自分の行動が目的・目標に対して効果的であったかどうか、日々振り返り、必要があれば行動を修正していくことが大切です。ある時までは効果的であっても、あなたが成長するにしたがって出来るようになることが増えていくと、あまり効果的でなくなってくるかもしれません。そのような時にも、修正が必要です。日々自分の努力を見直し、目標に対して「正しく」行動できているか、自分自身でチェックし修正していくことが大切です。

さて、努力には振り返りが必要不可欠だということをお伝えしましたが、そもそも自分が十分に努力できているのか、それに関しては真摯に向き合わねばなりません。「努力」に関して様々な名言はありますが、その中でも私が最も好きな王貞治さんの言葉をお伝えしようと思います。「努力しても報われないことがあるだろうか。たとえ結果に結びつかなくても、努力したということが必ずや生きてくるのではないだろうか。それでも報われないとしたら、それはまだ、努力とはいえないのではないだろうか」皆さんが成長し夢を叶えられるように先生たちも精いっぱいサポートしますので、一緒に頑張りましょう。

定員厳格化しても合格者増が見込まれる私立大学!?

定員厳格化により超難化をたどる私大入試ですが、今年度、合格者数が増える可能性が高い大学があるという事実をご存知でしょうか。実は、立命館・青山学院・中央大・京都産業大は、昨年度よりも合格者数が増えると見込まれています。『学部設置等の認可申請の基準』というものがあり、19年度以降の新設だと1.05倍未満の定員充足率となることが求められています。さらに既存学部の過去4年間の平均で見るため、学部を新設したい場合には、定員割れを起こすぐらいに合格者を絞り込む必要があります。’18年の入学定員充足率が最も低いのは立命館大の92.1%。合格できる学力の受験者が100名いても92人しか合格できません。立命館は’18年と’19年に2年連続で新学部を設置したためこのような結果になりました。逆に、今年度は合格者数をここまで絞り込む必要はないため、緩やかに合格者数を増加させる可能性が高いという訳です‼自分の志望する大学の入試情報が気になる人は気軽に聞いてみてくださいね!