高大接続改革における、大学入試改革の最新情報

みなさんこんにちは。最近話題の大学入試改革について、新たに情報が公開されましたので、ご報告いたします!

大学入試センターは平成30年3月26日、「大学入試英語成績提供システム」の参加要件確認結果を公表しました。TOEFL、TOEICなど、8種類の資格・検定試験の採用が決まりました。

みなさんにとって一番身近な「英検」はどうかというと、今まで実施されてきた、1次試験を合格した人のみが2次試験へ進む「従来型」は、不採用になりました。ただ、英検は新たに「読む・聞く・話す・書く」の英語4技能を1日で試験する新方式を発表し、そちらは採用されています。

 ただし、これまでの試験で取得した資格も、大学一般入試や推薦入試などで有利に働きますので、無駄ではありません。また、新形式の英検に挑戦するための準備として「従来型」を受検することも必要です。これまで同様、上の級にどんどんチャレンジしていってください!