スタートの季節

今回は4月から新しい環境を迎えるにあたって、少しでもみなさんの不安を取り除けるような、一編の詩を紹介したいと思います。

 

「道」

此の道を行けば どうなるのかと 危ぶむなかれ

危ぶめば 道はなし

ふみ出せば その一足が 道となる その一足が 道である

わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ

 

これは石川県の寺院で住職をされていた清沢哲夫さんという方の『無常断章』という著書の中に掲載されている詩です。ちなみに、私がこの詩を知ったきっかけは元プロレスラーのアントニオ猪木さんが引退の際に語った言葉の中でこの詩を引用したことでした。ですので、もしかしたらどこかで聞いたことがあるなと思われた方も多いかもしれませんね。

私はこの詩を、「これからの生活や人生、何が起こるかは誰にもわからないことだから過度に不安に思う必要はない。一歩一歩進んでゆけばやがて振り返ったときに良い日々を歩んできたと、きっと思える。」という風に解釈しています。そのように考えると漠然と不安を抱えながら生活している自分の心が少し軽くなるように感じます。

もちろん、ただ向こう見ずに突き進めばいいというわけではないでしょう。先を考えてしっかり準備することは大事だと思います。しかし、いくら準備を重ねても不安が全く消え去るということはありません。むしろ準備をすればするほどあれこれ考えてしまって不安感が増すことだってあるでしょう。大事なことは、自分で手を打てる範囲のことに力を尽くして、もう後はやってみないと分からないという状況になったら、あとのことはあまり考えず、ぽんっと一歩を踏み出してみるぐらいの気持ちの方が色々なことにチャレンジできるのではないでしょうか。そして、みなさんも経験があると思いますが、不安に思っていることは実際には杞憂に終わることがほとんどです。ですので、あれこれ悩むことに時間を使いすぎず、ときには流れに身を任せるくらいの気持ちでチャレンジしてみると思いもよらない良い結果に恵まれることもあるかもしれませんね。

Leave a Comment.