⾼3の9⽉末まで部活&⽂化祭に没頭!!それでも受験に成功できた理由とは!?インタビュー|愛知・名古屋の個別予備校|E判定から合格へ大逆転合格プラン

  • トップページへ
  • なぜ、大逆転合格ができるのか?
  • 匠個別予備校とは
  • 合格者より生の声
  • 看護コース
  • 料金について
  • 教室案内
  • 個別入塾相談会
  • 匠個別予備校の5大ポイント
  • よくある質問
  • 会社概要

  1. ⾼3の9⽉末まで部活&⽂化祭に没頭!!それでも受験に成功できた理由とは!?インタビュー
総力特集ロングインタビュー「⾼3の9⽉末まで部活&⽂化祭に没頭!!それでも受験に成功できた理由とは!?」本格的に受験勉強を始め、わずか6ヶ月で関西大学に合格。匠個別予備校の井上がその真相にせまる。関西大学 経済学部 合格 古嶋 祥くん(中京大中京高校出身)

ストーリー1:受験を意識し始めた理由や時期とは!?

匠個別予備校の井上(以下井上):
あらためまして、関西大学に合格おめでとうございます!

祥くん:本当にありがとうございます!

井上:本当に塾には長く通ってくれて、部活等でも忙しかったと思いますが合格してくれて
   うれしいです。祥君がそもそも関西大学を目指した理由はなんですか?

祥くん:元々中学校の頃から海外に興味があって、高校の時に留学しようと思っていたんです。

井上:そうなんだ!!そんな頃から留学を考えていたんだ!
    
祥くん:まあ漠然とではありましたが(笑)
    ただ今回の受験を機に留学への想いがより高まって、志望校を選ぶ上で「留学で勉強したことが
    大学の単位に含まれる」プログラムのある大学を探していた中で、関西大学を見つけたんです。

井上:なるほど。じゃあ、今振り返って考えてもらって、大学受験を意識し始めたのはいつ頃からですか?

祥くん:そうですね、高校2年生の夏くらいから意識し始めました。そこで色々と調べて志望校を決めて
    いきました。
    ただ実際は部活なども忙しかったので本格的に考え出すのはもう少したってからだったと思います。
    特に部活は高校3年生の9月末までありましたので(笑)

井上:なるほど!確かに部活忙しかったもんね!特に高校3年生の夏の時期とか大変だったと思うけど、
   どんなところを意識しましたか?

祥くん:本当に充実はしてましたが、めちゃめちゃきつかったです!(笑)    
    部活は朝練から始まり夕方までみっちり、それも月曜日から土曜日まで。    

    だからまず日曜日は一日中、勉強に時間を当てていました。    

    平日は部活後、匠個別予備校に来て夜10時まで徹底的に勉強しました。    
    夏はとにかく基礎固めに力を入れていましたね。 

ストーリー2:匠個別予備校での受験勉強について

予備校担当の筒井先生と 井上:匠個別予備校での日々の勉強について
   教えて欲しいと思います。

   実際に受験勉強ではどんなところを
   意識した?特にこれをやっててよかっ
   たなと思うところを教えてください!

祥くん:やっぱり徹底した基礎固めだと思い
    ます。あと関西大学に照準を合わせ
    た対策を徹底的にやりました。
    またセンター試験対策とかなら教科書
    ベースで徹底してやりました。

井上:やっぱり、そういう情報は匠個別予備校
   の面談で聞いたりしてたんですか?


祥くん:そうですね。例えば授業中に単語テストをやって、
    「ここができていないからここやろう」とか、「関西大学では○○の問題が出る傾向があるから、
     ○○の問題の対策を重点的にやろう」とか、的確なアドバイスをいただいてました。

井上:なるほど!じゃあ祥君が面談をやっていてよかったなと思うことをもっと聞かせてください!

祥くん:やっぱり学校や他の塾・予備校の授業だと一斉(授業)なので、なかなか自分の進度や進捗に
    合わせて塾が対応してくれないんですよね。

    でも匠個別予備校では今秋これだけできた、これだけ進んだから、来週はここまでやろうなど
    プランニングシートに沿って、「私個人」に合わせて指導やアドバイスをいただけたのはありが
    たかったですね。

井上:どういう風な対策を?何をしていたの?

祥くん:部活が忙しかったので、3教科の大学に絞り、徹底的に3教科をやりこみました。英語に関しては
    最初は文法と単語を覚え、高校3年生の10月くらいからは赤本をやりこみました世界史はずっと
    同じ教材を30~40周もやりこみました。

井上:30~40周!!そんなにも!?

祥くん:やりこみましたね!徹底して(笑)

井上:すごい!じゃあ国語とかはどうでしたか?

予備校担当の筒井先生と 祥くん:国語に関しては、やれば一番点数が取れる
    古典に重点を置いて勉強しました。
    特に文法と単語の基礎を固めて、後は演習を
    しました。

井上:素晴らしい!
   基礎固めはやっぱり重要だね!
   改めて感じさせられました。



ストーリー3:試験当日のことについて

井上:そうやって忙しい中、受験勉強をして本番を迎えたわけだけど試験当日の気持ちはどうでしたか?

祥くん:初日から4日連続で試験が入っていたので少し滅入りました。

    ただ自分自身があまり気負わないタイプなので、2日目からリラックスして受けることができ、
    段々と試験を受けるのも楽になってきました。    
    特に時間配分とかも落ち着いてやれるようになれました。

井上:そうなんだ!余り試験本番は緊張がなかったとのことですが
   実際に合格した時の気持ちはいかがでしたか?

予備校担当の筒井先生と 祥くん:やっぱり嬉しかったですね。    
    本当に嬉しい、ほっとした、の一言に
    つきます。

    両親も喜んでいました!!

井上:なるほど!その時の気持ちや感覚をこれから
   も大事にしてください!




ストーリー4:これから志望校合格を目指すみんなへ

井上:祥くんが実際に感じた匠個別予備校の一番の特徴とは何ですか?

祥くん:9月末まで自分自身が部活と文化祭で朝から晩までみっちりで精神的、肉体的にギリギリの中、
    面談などを通じて自分が今どの位置にいるのか、その上で自分自身が短期的、長期的にもどのよう
    に勉強していけばいいのか具体的に示してくれて、受験の指導だけじゃなく、「受験を一緒に
    戦ってくれる」という精神面での大きな支えになってくれるのが匠予備校の特徴だと思います。

井上:ありがとう!それでは最後に受験生にメッセージを!

祥くん:やはり基礎固めだと思います。単語量と時間、そして文法。
    当たり前のことを徹底してすることが志望校への合格の近道だと思います。
  
    また匠個別予備校で自分自身の目指すべき道へ、導いてもらうことだと思います。

井上:ためになるコメントありがとうございます!
   本日はありがとうございました!


↑ページの上部へもどる