予備校の仲間と勝ち取った合格!インタビュー|愛知・名古屋の個別予備校|E判定から合格へ大逆転合格プラン

  • トップページへ
  • なぜ、大逆転合格ができるのか?
  • 匠個別予備校とは
  • 合格者より生の声
  • 看護コース
  • 料金について
  • 教室案内
  • 個別入塾相談会
  • 匠個別予備校の5大ポイント
  • よくある質問
  • 会社概要

  1. 予備校の仲間と勝ち取った合格!インタビュー
総力特集ロングインタビュー「「予備校の仲間と勝ち取った合格!」」中1からの匠っ子が夢のために第一志望合格! 匠個別予備校代表の大久保がその真相にせまる。日本赤十字豊田看護大学 看護学部合格 小野 愛結佳さん(千種高校出身)

小野さんに匠個別予備校での勉強を聞いてみました!

匠個別予備校代表の大久保(以下大久保):
改めまして大学合格、おめでとうございます!!

小野さん:ありがとうございます(笑)

大久保:ずっと長いこと塾で頑張ってくれたね!高校受験もそうだし、大学受験もお疲れ様でした。
    ところで小野さんがそもそも看護を目指した理由は何なの?

小野さん:高校1年生の春休みの前くらいに自分は将来何をやりたいのかを真剣に考えたことが
     あって、そこで見つけたのが「看護師」という職業でした。そして色々考える中で高校2年の
     ころには看護師になろうと決めました。

大久保:なるほど!匠個別予備校に通ってくれたのはいつごろからだっけ?
    
小野さん:ちょうど看護師になろうと思った高校2年生のころですね!

大久保:そうなんだ!でも学校の勉強も大変だったやろうし、そんな中で塾の勉強も有って苦労した
    こととか、逆に匠個別予備校に通ってて助かったなと思うこととかを教えてもらえますか?

小野さん:そうですね、受験では数ⅠAしか必要ないのに、高校の授業では数Ⅲの勉強があったりした
     のが大変でしたけど、そんな時に分からない問題を聞けて教えてくれる先生がいるのが
     心強かったです。

     あと英単語とかも高校受験と違って膨大な量を覚えないといけない中で、
     どのように覚えていけばいいのかなど勉強の仕方、方法を細かく丁寧に教えてくれたのは
     ありがたかったです。

インタビュー1 大久保:ありがとうございます。
    あと匠個別予備校に通う中で、
    友達や知り合いも出来たと思う
    けど、そういう存在がいる
    ということはどうだった?

小野さん:私も含めて、みんな良く自習室
     に来てたのですが、家で1人で
     やるのでは無く、みんなで匠
     個別予備校に来て真剣に勉強
     するという「匠個別予備校の
     自習室環境」は、モチベーションを維持する中で本当にプラスになりました。
また、匠個別予備校の仲間同士で英単語の上達度を勝負したり、お互いに模試の点数を見せ合って「おい、大丈夫かよ、その点数!(笑)」とか言い合ったりして(笑)
そういう風に切磋琢磨する仲間ができたことも含めて、匠個別予備校に通っていて本当によかったなと感じました。

大久保:匠個別予備校は本当にアットホームな環境やもんね!
    匠個別予備校としても生徒さんの精神状態やモチベーションの維持、向上は常に意識をしてる
    からね!

予備校担当の筒井先生と 小野さん:合格して、改めて振り返ってみると、
     それが本当によくわかりました。

大久保:なるほど!ところで、何で日本赤十字豊田
    看護大学を志望校にしたの?

小野さん:前に日本赤十字病院に行ったときに
     「良いなあ、ここで働きたい」と思った
      のがきっかけでした!

     あと日本赤十字豊田看護大学は奨学金制度
     などが充実していて家族への負担も少ない
     かなあと思ったからです!


インタビュー1

大久保:親孝行やね!看護系は奨学金
    とか学費免除とか本当に充実
    しているから家族への負担
    とか、自分自身の将来の不安
    とか少なく済むよね!

    受験勉強の中でモチベーション
    を保ち続けるのとか、本当に
    難しいと思うけど、そのあたり
    意識していたことがあれば、
    後輩に向けてアドバイスを
    お願いします。

小野さん:どうしても受験勉強をする中で、「何のためにこんなに頑張っているんだろう?」と思うこと
     もよくあるので、大学入学後に「こんな勉強してみたい」や「こんなことに挑戦してみたい」
     などのイメージをすることがモチベー ション維持するのに大事だと思います。

     あと私は中学生の頃から匠ゼミナールに通っていて、高校受験の時から、香流校の森部先生
     (香流校の教室長)には色々勉強の姿勢なども教えてもらいました。例えば中3の志望校を
      決める面談のときも「千種高校にしようと思います…」と言うと、森部先生に「千種高校が
      第一志望です!と断言しなさい!」と言われ、目標を明確にする重要性などを教わりました。

大久保:素晴らしい!まさに森部先生っぽい熱い話やね!

    目標を決めて、目標から逆算して今何をしないといけないのかを考えるなど、受験勉強以外にも
    必要な考え方を匠ゼミナールや匠個別予備校で学べたんやね!

    あと大学に行って「やってみたいこと」や「挑戦してみたいこと」はありますか?

小野さん:看護は単位を取るのが大変らしいのでどこまでできるのかなあ(笑)という心配もありますが、
     色々なことに挑戦したいと思っています!例えば高校時代に始めたアカペラは、大学でも
     サークルなどに入って是非やってみたいです!

大久保:人生は一度しかないからね、欲張って時間の許す限り色々なことに挑戦してください!上手く
    いくことや失敗することもあると思うけど、それも経験になるからね!
    最後に改めて匠個別予備校、匠ゼミナールに通っていかがでしたか?

小野さん:本当にあっという間でした!(笑)
     学習管理なども行ってもらえたので、時間管理や時間に対する意識は本当にできるように
     なりました。あと大手の塾とか予備校とかの話を友達から聞いてると、匠個別予備校の先生の
     フォローの手厚さが全然違うことが分かり生徒を本当に一番に考えてくれる予備校だと
     思いました。

大久保:ありがとうございます!これからも頑張ってください!


↑ページの上部へもどる