継続は力なり-「情熱」と「粘り強さ」-

いよいよ年の瀬ですね。振り返れば2018年も様々な出来事がありました。スポーツの話題だと、平昌で開催された冬季オリンピックやロシアで開催されたサッカーワールドカップなど、日本人選手の華々しい活躍ぶりは記憶に新しいですね。また、来年は平成から新しい元号に変わりますし、2020年には東京オリンピックが催されます。日本全体が新しい時代に向けて弾みをつけるなかで、私たち自身もパワフルに日々を過ごしていきたいですね!

今回は「継続は力なり」という言葉についてお話ししたいと思います。今さら取り上げてお話しするような言葉ではないかもしれませんが、とても重要な言葉なので改めて今回のテーマにしました。「継続は力なり」とは努力をコツコツ積み重ねることが自らを成長させ、やがて大きな成功に結び付くということです。世の中で成功を収めているすべての人が実践している考え方と言っても過言ではないでしょう。誰もが知る2人の有名人の言葉を紹介したいと思います。

「私は才能は一瞬のきらめきだと思っていた。しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。」(羽生善治:棋士)

「小さなことを積み重ねることがとんでもないところに行くただひとつの道だと思っています。」(イチロー:野球選手)

突然ですが「GRIT」という言葉を耳にしたことはありますか?この言葉自体は昔からある言葉ですが、アンジェラ・ダックタース氏というペンシルバニア大学の心理学教授の研究によって近年再注目されることとなりました。2016年に発売された「Grit: The Power of Passion and Perseverance」という彼女の著書はベストセラーになり、日本でも翻訳されて発売されております。彼女は何か大きな物事を成し遂げるには才能よりもGRIT(やり抜く力)が重要だと結論付けております。日本語だと単に「やり抜く力」と訳されるGRITですが、実は2つの重要な要素から成り立っているのです。その2つの要素とはずばり「情熱」と「粘り強さ」です。

彼女の研究により明らかになったことで興味深いことが二つあります。1つ目は、才能や知性を持ち合わせていることとGRITが高いことは全く関係がないということ。2つ目は、GRITは後天的に(生まれてから)伸ばすことができるということです。これらから言えることは、才能があったとしてもそれを伸ばせるかどうかは別問題であるということと、誰もが今からでもGRITを高めるトレーニングをすることで、大きなチャレンジをすることができるということです。

では、GRITを高めるにはどうすればよいのでしょうか。たくさんあるうちのいくつかを紹介したいと思います。

1.失敗を恐れずチャレンジし続ける習慣をつける

「無理」と言わず、「もしかしたらできるんじゃないか」「どうしたらできるだろう」と物事を前向きにとらえるくせを付ける練習をしましょう。

2.困難なことに挑戦せざるおえない状況に身を置く

困難なことに自分から立ち向かっていくのはかなりメンタルが強くないとできません。そこで、困難なことに挑戦せざるを得ない状況に身を置いてみましょう。例えば匠ゼミナールでは中学校のテスト前に点取りゼミで集中特訓をしていますが、そのような自分だけサボるわけにはいかないといった環境にあえて身を置くことも良いトレーニングになるでしょう。

最後にもう一人、夢を実現させた人物の言葉を紹介しましょう。

「失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。」

これは、誰もが知るあのディズニーリゾートを作ったウォルト・ディズニーの言葉です。実は彼はディズニーを作り上げる前に3回も会社を倒産させているのです。それでもあきらめなかった彼の情熱が世界中の人々に夢と感動を与える最高のエンターテイメントを作り上げました。

大学入試が変わる!あなたは大丈夫!?

もうすっかり寒くなりましたね。皆さん、風邪には気を付けてくださいね。さて、いよいよ入試直前となりました!受験生は追い込みをかけ、自習室で日々勉強に打ち込んでいます。そして、現2年生はいよいよ受験生になります。「まだまだ先」なんて思っていたかもしれませんが、受験まではあと一年です。1・2年生は、ぜひ3年生の背中を見て来年・再来年の自分の姿を想像してみてください。そして、いまの自分に必要なことを考えてみましょう。

ご存知の方も多いかと思いますが、今、大学受験は大きな転換期を迎えています。これまでの「知識・技能」が重要視されてきた入試制度が見直され、総合的に「思考力・判断力・表現力」までもが重視されるようになります。大学入試改革は2020年度入試から実施されるため、現高2生と現高1生はこの過渡期にあたります。再来年以降は、これまで受験において”常識”と言われていたことが通用しないことも多くなってきます。したがって、自分の受ける年の受験制度がどのようなものかしっかり理解して、自分に何が必要か知ったうえで対策を行っていくことが重要です。

では、実際に大学受験はどのように変わっていくのでしょうか。「知識・技能」に加え、「思考力・判断力・表現力」も評価される、と言われてもあまりピンと来ない人が多いのではないでしょうか。実は、2018年度センター試験で、すでに思考力をはかる問題が出題されています。国語の現代文で、写真と文章を関連づけて論理の構成をつかみ解答を導き出す、という問題でした。そして、このセンター試験そのものも変わります。これまで全てマークシート式だったセンターは、国語と数学で記述解答を要求される大学入試共通試験になります。さらに、英語は、これまでリーディングとリスニングの2技能評価でしたが、加えてスピーキング・ライティング技能も評価対象になり、英検などの資格・検定試験の成績が重要になります。ここまでお伝えしてきたとおり、現高1生の受ける2021年度入試から大学入試は大きく変わります。しかし、もちろん現高2生も油断してはいけません。先ほどもお伝えした通り、すでにセンター試験で新傾向の問題が出題されるようになっています。また、大学個別試験でも入試改革を見据え、入試方法そのものから見直されています。すでに変革は始まっているのです。

これまでの受験は、3年生になったら受験勉強をはじめて直前ギリギリまでに何とか詰め込む、というスタイルが多かったかと思います。しかし、ここで皆さんにぜひ理解して頂きたいことは、「受験直前に頑張って合格を勝ち取れる受験は終わろうとしている」ということです。3年生の夏から暗記事項を詰め込んでも、思考力や表現力はなかなか育ちません。また、英検やTOEICなどの資格試験は、出願に間に合うようにかなり早めに受けなければいけませんし、これまでに無かったスピーキングなどの対策もする必要があります。これからの時代、高校1年生の時期から自分の志望校について考え、総合的に力を伸ばしていくことが重要です。逆に言うと、3年生になってから自分の将来や受験について考えだしても、思考力・判断力・表現力、といった必要な能力を伸ばす時間が足りない、という受験のシステムに変わってきているということです。ですから、1・2年生の皆さんも「まだまだ先」ではなく「もう始まっている」という意識で、自分の受験や将来について考え、今の自分に必要なことを考えてみてください。

「有志竟成」と6つの“C”

すっかり気候は秋めいてきました。季節の変わり目は体調を崩しやすいものです。自分の体調は自分でコントロールするという気持ちで元気に過ごしていきましょう。

さて、10月初旬はノーベル賞受賞者が発表される時期でした。今年はノーベル医学生理学賞を日本の研究者である本庶佑(ほんじょ たすく)先生が受賞されました!研究内容はニュースなどで取り上げられたりしているのを観てご存知の方も多いと思います。本庶先生はがんの治療に関して今までとは違ったアプローチでの治療法を確立しました。

みなさんの中には研究者というのは自分と住んでいる世界が違いすぎてリアルに感じられないという人もいるのではないでしょうか?本庶先生の言葉にも「自分は別に研究者になりたいわけじゃないし、あまり関係ないかも…」と受け取っている人もいるでしょう。しかし、そうではありません。研究とはもっと身近なものであり、誰しも研究者になりうるということを知ってほしいのです。

そもそも研究とはなんでしょう。私は広い意味でいうならば「誰も知らないことを明らかにする。つまり創造すること。」だと思っています。自分が何か壁に突き当たったときに試行錯誤して壁の突破口を見つけ出すこと、例えばスポーツで不振に陥ったときにフォームを変えてみるとか、自分なりの勉強法を生み出すとか、そういうことは全て研究だと思っています。ですので、これから紹介する本庶先生の言葉を自分のための話として受け取ってほしいと思います。

今回タイトルに書いたのは本庶先生が座右の銘としている「有志竟成(ゆうしきょうせい)」という言葉です。もとは中国の古典に書かれている言葉で「志有れば竟に成る」すなわち、「固い志を持つ者は、目的を必ず成し遂げられる」という意味です。

そしてもう一つ紹介したいのが、昨年本庶先生がある高校の生徒と面会した後日にその高校に送ったお礼の手紙の中で綴ったという、高校生(今の若い世代)に大事にしてほしいという6つの“C”の内容です。

「Curiosity(好奇心)を忘れず、Courage(勇気)を持って困難な問題にChallenge(挑戦)し、必ずできるというConfidence(確信)を持ち、全精力をConcentrate(集中)して、諦めずにContinuation(継続)させること」

この言葉の中には目標を達成するためのエッセンスが凝縮されているなと感じました。学術研究だけじゃなく、社会に出てからどの分野に進んだとしてもためになる内容だと思いませんか。そして、本庶先生はもう一つ私たちに重要なことを教えてくれています。それは、誰かのために事を成し遂げるということです。先生の研究の根幹には「困っている人を助けたい」という気持ちがあります。自分は誰のために何をしたいのか、誰を幸せにしたいのか、そういう部分を考えていった結果として高い志を持てるのではないのでしょうか。生徒のみなさんにもぜひ本庶先生の「有志竟成」と6つの“C”を心にとめておいてほしいなと願っております。

取り組む姿勢ですべてが決まる!!

昼夜の気温差が目立つ時期となりました。体調不良には十分お気を付けください。さて今回は生徒の皆さん向けに記事を書こうと思います。テーマは取り組む姿勢、心構えの重要性です。皆さんにとって大事な時期になるので今一度確認しておこうと思います。

テストで大幅な点数アップをする生徒、もしくは見事志望校への合格を果たす生徒に共通する点は何でしょうか。それはいたってシンプルで「自分を信じて前向きに」「目の前の結果にブレず」「継続して取り組む」ことです。しかし、成功体験が少ない生徒は「自分を信じられず後ろ向きに」「悪い結果にブレブレに」なりがちです。そうなってしまうと継続して学習に取り組むことが出来なくなってしまいます。結局、継続的な学習習慣が途切れれば、成績が上がらないのは当然です。

ですので生徒の皆さんは、目の前の結果に一喜一憂するのではなく、良かったところは自分自身をしっかり褒めるということ。逆に悪かった部分は自虐するのではなく、冷静に反省し次回へ繋げること。この2点を強く意識し、努力を止めない自分を作り上げてほしいと思っています。生徒の皆さん、弱い自分に負けないように頑張りましょう!!!

自分の感受性くらい

夏も過ぎ去り、いよいよ受験シーズンがやってきました。基礎体力をつけてきた皆さんは、これから演習を重ね、より高み向かって努力を重ねていくことでしょう。夏の間は、単語の暗記や公式の暗記、小問の繰り返しなど、本当に地味で単純な勉強を嫌になるほど繰り返したと思います。また、それらの量の膨大さに、時として無力感もあったと思います。しかし、そこから逃げ出さず耐え忍んだあなた達は(自分では気づいていないかも知れませんが)、受験生として一回りも二回りも大きく成長しました。さて、ここから本格的に過去問や演習に取り組んでいきます。長い準備期間を経てようやく受験勉強が始まります。考えてみてください。志望校に合格するためには、これまでの自分の限界を超えていかねばなりません。自分に対する言い訳、甘え、怠け癖、ありとあらゆる自分の弱さと向き合う覚悟を決めてください。

 今回は、これから困難と向き合っていく皆さんに伝えたい言葉を送ります。

詩人、茨木のり子さんの「自分の感受性くらい」という詩です。

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを

近親のせいにするな

なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性ぐらい

自分で守れ

ばかものよ

私が初めてこの詩に出会ったのは中学生の時でしたが、当時はほぼ理解できませんでした。時がたち、初めてこの詩がすとんと入ってきたのが、大学受験の時でした。一日12時間勉強し、半年経っても偏差値は上がらず判定も変わらず、上手くいかないことばかり目について、恥ずかしながら人や物にさんざん当たりました。ついに一週間勉強を放棄しました。そんな時に、たまたまこの詩をもう一度読みました。そして、ただ上手くいかないことを他人のせいにして逃げまどっている自分に気づきました。大学や志望校を誰かに強要されたわけでもなく、また、諦めるように強要されたわけでもなく、ただ自分が行きたいと言った大学を、自分で勝手に諦めようとしていました。「ばかものよ」は、誰かに投げかけた言葉ではなく、自分自身を叱咤する言葉だと思います。夢破れるとき、夢は逃げません、逃げるのは自分自身です。皆さんには、保護者の方、家族、友達、そして私たちという沢山のサポーターがついています。困ったときは誰かに頼ってください。少し休んだら、自分の力で立って自分の未来を切り拓いていってください。そういうあなたを先生は応援しています。

全力を尽くす!

4月に始まった今の学年もちょうど半年が過ぎましたね。また、2学期が始まってしばらく経ちました。夏休みが明けてから良いスタートが切れたでしょうか?時間は待ってくれません。1日1日を大切にして過ごしていきたいですね。

さて、今回は「全力を尽くす」ということについて書きたいと思います。まず誤解してほしくないのはヘトヘトの疲労困憊の状態になることだけが全力を尽くすということではないということです。そしてもう一つ重要なことは、この全力を尽くすということは結果の良し悪しとは無関係ということです。

みなさんに質問ですが、みなさんは部活の大事な大会や重要な試験のときなどに全力を尽くしていますか?大体の人が全力を尽くしていると答えるでしょう。では、毎日全力を尽くしていますか?こう聞かれると自信をもってできてます!と答えられる人は少なくなるかもしれないですね。そもそも毎日全力を尽くすってどういうことでしょう。少し漠然としていてよくわからないですね。

全力を尽くすとは、その日その時やるべきことをしっかりこなすということです。言われてみれば当たり前のことですが、ここで1番大切なことはその日その時やるべきことが本当に分かっているのかということです。しかし、実際は何をやらないといけないのかわからない…という人が多いと思います。

日々やるべきことを考えるうえで1番初めに目標を確認しなければなりません。目指すべき場所ですね。目標が無いという人はまず目標を定めましょう。部活だったら大きな大会がありますし、何よりスポーツには勝つか負けるかという結果しかないので目標は立てやすいです。しかし、人生だったらどうでしょう?単に勝ち負けではないので自分がどうなりたいというのを考えるのは難しいですね。そういう時は周りの先輩や大人に相談してみるのも良いでしょう。とにかくゴールを決めるのです。次に今の自分の状況を把握することです。現在地がどこか分からなければ目的地までの道が定まるはずもありません。今の自分の実力を客観的に見ることが重要です。勉強の面ならば塾の先生に聞けば今の自分の状況を細かく教えてもらえるはずです。

目的地と現在地この二つが決まればあとは自然と今やるべきことが見えてくるはずです。それでも分からないという人は、本当に「分からない」のか、それとも「やりたくない」だけなのかを一度考えてみる必要があると思います。

今やるべきことが分かったらあとはやるだけですが、毎日続けていくのは大変な精神力が必要ですよね。その気持ちをどうコントロールしていけばよいのかというのはまた別の機会にお伝えできればと思うのですが、1つだけ分かっておいてほしいのは、その日その時にやるべきことに集中してほしいということです。人というのは未来のことや過去のことを考えすぎるうちに、今やるべきことがおろそかになってしまうものです。「次のテストで失敗したらどうしよう…」とか、「前も頑張ったけどうまくいかなかったし…」などと考えてるうちに「あきらめ」という感情が生まれてしまうのです。

未来も過去も自分の意志でコントロールできません。自分がコントロールできるのは今この時だけなのです。今この瞬間に全力を尽くし、その積み重ねが目標達成への唯一の道であるということを覚えておいてくださいね。

社員研修による休校のお知らせ

下記期間を協力企業との合同社員研修のため休校とさせていただきます。
休校期間:9月9日(日)~9月17日(月)
なお、期間中は電話およびLINE@が繋がらない状態になります。ご了承ください。

9月18日(火)より通常授業、お電話の受付を再開いたします。
よろしくお願いいたします。

基本は繰り返すことに意味がある!

こんにちは!南です。暑い日が続きますね。暑さのピークは過ぎたといえども残暑が厳しくなりそうです。

さて、今回は野球ファンならずとも名前は聞いたことがあるでしょう、元プロ野球監督の野村克也氏のお話を取り上げたいと思います。最近読んだ本の中に印象的なエピソードが載っておりましたのでご紹介したいと思います。

野村氏が南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の監督だった頃のお話です。当時内野の守備に関しては外国人コーチのドン・ブラッシンゲーム氏(以下ブレイザー氏)が担当していたそうです。彼のノックは正面のやさしいゴロばかりだったので、ある日たまりかねた選手の一人が「左右に散らすゴロも打ってほしい。」と注文をつけたそうです。ブレイザー氏が「正面のゴロが完璧に捕れるようになるまでは、左右のノックはしない。」と答えたところ、その選手も食い下がって言いました。

「それじゃあ、あなたのようなファインプレーができないじゃないか!」

それに対するブレイザー氏の返答はこうです。

「正面のゴロを完璧に処理できる、つまり基本的なことがしっかりできるようになったら、あとはダッシュ力さえつければ、あんなプレーは誰でも可能だ。」

その後、ブレイザー氏のやり方でチームの内野守備はみるみる向上していったそうです。

このエピソードがあらゆることに通じると感じるのは私だけでしょうか。実は私にも似たようなエピソードがあるのです。いつも夏になると思い出すのですが、私が小学校1年生、2年生の頃、夏休みになると決まって母お手製の計算ドリルが用意されておりました。5ミリ方眼のノート1冊分びっしり計算問題が書かれているのです!(いつ作っていたのでしょう…)それには日々のノルマがあり、それが終わるまで遊ばせてもらえませんでした。恥ずかしながら毎日半べそをかきながら問題を解いていた記憶があります。しかし、今ではそんな母に大感謝しております。なぜなら、その後の算数や数学で大きくつまづくことは一度も無かったからです。今思えば小学校低学年の時に算数の基本(足し算、引き算、九九…)を徹底的に叩き込まれたからこそ、その後の算数の内容がしっかり定着していったのだと思うのです。

話は変わりますが、私の目から見るとまだまだ塾生のみなさんの基本問題に対しての意識が低いように思われます。「ほとんどできてるから基本問題はもういいでしょ!」と適当に済ませてしまう人いませんか?正直、基本問題は「ほとんどできる」レベルではダメですよ。「完璧にできる」レベルにしてください。完璧にできるレベルとは何でしょう。友達に教えられるレベル?いいえ、自分で問題と解答を作れるレベルです。それほどまでに基礎は固めなければなりません。私の経験上、受験シーズンに突入しいよいよ入試対策の問題を解こう!となったときに基本ができてる人とそうでない人との差が表れます。基本が完璧な人は入試に近づくほどにグググっと応用力がついてきます。しかし、基本があやふやなままの人はどうしても伸び悩んでしまいます。基本の反復とその定着には時間がかかります。しかし、時間をかけて手に入れたものにはそれだけの価値があるのです。