無知の知

いよいよ今年も残すところ2か月となりました。

例年、この時期になると一般受験を目指す生徒さんの顔がどんどん緊張していきます。

 

今、なかなか結果が出ずに不安になっている人もいるかと思いますが、それは真剣に受験勉強に取り組んでいる証拠です。

矛盾なように聞こえるかもしれませんが、勉強というのはやればやるほどこれまで「わからないということすらわからなかった部分(知らなかった部分)」が「わからない部分」として見えてくるようになるものなのです。

そして当然ながら、わからない部分があると不安になります。もっともっと覚えなければ、と焦ります。

 

まずは、深呼吸をして、漠然とした不安を取り除きましょう。

何をすべきか、何はしないべきか、きちんと紙に書きだしていきましょう。

 

人間の脳は頭の中だけで考えていると同じことをぐるぐると考え続けてしまうといいます。

ですので、紙に書きだすだけでも脳の負担が減り、気持ちがぐっと楽になります。

 

真の戦いはこれから。戦いの前に疲弊しすぎないように、自分のケアをしてあげてくださいね。

Leave a Comment.