僕たちは今日ベストを尽くしただろうか?

あっという間に夏至を過ぎ、梅雨の時期も折り返し地点を迎える頃ですね。そういえば、「梅雨」の語源は様々な説があるようですが、その一つが、ちょうど梅雨入りした頃からが完熟した梅の収穫時期と重なるからというものらしいです。僕はこの時期になると、子どもの頃に住んでいた故郷の田舎で祖母が毎年自家製の梅干しを作っていたことを思い出します。完熟した生梅は6月中旬から7月上旬の短い期間しか手に入りません。生梅は塩と一緒に大きな瓶に漬け込み、その上から大きな重石を載せます。この重石を載せるのが僕の仕事でした。そして梅雨が明ける頃には、梅が浸るくらいまで梅酢が上がってきます。そして最後に、梅雨明けの3,4日晴れが続きそうな日を見計らって、梅をざるに並べて天日干しにします。天日にさらされた梅は赤く色づき、辺りには甘酸っぱい香りが広がるのです。実は夏バテ予防にもなる万能食材の梅干し、お家でも簡単に作れるので一度チャレンジしてみるのも面白いかもしれないですね!

さて、今回の本題に入りましょう!まずはある人物の言葉をひとつ紹介します。

「100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ。」

これは、お笑い芸人の松本人志さんの言葉として有名です。お笑いに対して常にストイックに向き合っているイメージの松本さんらしい言葉ですよね。今自分ができる全力を尽くす。本当は誰にでもできることなのですが、実際そういう気持ちで生きている人は少ないものです。もしかするとそれは、僕らは毎日が当たり前に続いていくと思い込んでいるからではないでしょうか。あるいは、チャンスなんていくらでもあると勘違いしているからではないでしょうか。今回ダメでも次頑張ればいいか、と思っている人は少なくないはずです。しかし、断言しますが今を頑張れない人に次を頑張れるわけがないのです。目の前に転がってきたチャンスに対してベストを尽くせない人に、次のチャンスなどあろうはずがありません。

生徒のみなさん、今日は自分のMAXを出せましたか?もし、今日全力を出せなかったとしても決してあなた自身がダメだということではありません。大事なのはこれからどうするか。人が常に問われているのはただ一つ、次にどう行動するのかなのです。

まずは明日の一日を想像してみてください。そして、絶対これをやろう!と自分で心に決めて下さい。そして、明日は何があろうとそれを達成してください。予定外のことがあっても何があってもです。自分で決めたことは何が何でも達成しようと行動に移す。これがベストを尽くすということなのです。明日やるべきことが明確になるだけでなんだかワクワクしてきますね!

Leave a Comment.